JAMぐる

アクセスカウンタ

zoom RSS 新作映画も大ヒット!『まどか☆マギカ』現象を総括

<<   作成日時 : 2013/11/15 19:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

309 :とある名無しのぐるぐるさん投稿日??? 13:18:37 ID:w5j/5f2Ik0




新作映画も大ヒット!『まどか☆マギカ』現象を総括

2011年にオリジナルテレビアニメシリーズとして発表され、連綿と続いてきた“魔法少女もの”に一石を投じた『魔法少女まどか☆マギカ』。

キャラクターたちのかわいらしさとは裏腹に、痛みや絶望をはらんだ世界観や、先の読めないスリリングなストーリー展開は、従来のアニメファンにとどまらず、多くの人々を魅了した。『第15回文化庁メディア芸術祭アニメーション部門』大賞を受賞するなど、あらゆる方面から注目を集め、社会現象と呼ばれるほどになったのだ。そのうねりは2013年の現在にも及び、増幅している。

 最終興行収入約11億円)を経て、満を持して製作された脚本・作画、すべてが完全新作の『劇場版魔法少女まどか☆マギカ[新編]叛逆の物語』は、総監督・新房昭之、脚本・虚淵玄(ニトロプラス)、キャラクター原案・蒼樹うめ、監督・宮本幸裕、異空間設計・劇団イヌカレー、音楽・梶浦由記、アニメーション制作・シャフトなど、同作に欠かせないスタッフ、キャスト陣が再結集。

 原作もなし、ほとんど情報が公開されないままスタートし、異例のヒットとなったテレビシリーズ同様に、今回の[新編]も「少女たちのその後」が描かれること、6人目の魔法少女として百江なぎさ(CV:阿澄佳奈)が登場することくらいしか事前に明かされず、むしろ矛盾だらけの予告編などで期待感をあおりまくっていた。

 いざ、公開されると、話題騒然。観る人によって異なった解釈が出来るストーリー展開やエンディグが賛否両論ありながら、鑑賞するたびに違った感情が揺さぶられ、新たな発見のある作品で、初日からリピーターが続出。

週末興行ランキングでも、初登場1位→3位→2位と、数多くの話題作が並ぶ中で多くの観客を動員し、好調な興行を見せている。

 鹿目まどか役の悠木碧は「テレビシリーズが綺麗にきっちりまとまっていた作品なので、完全新作の続編に不安もあると思いますが、心配ご無用です。相変わらずの希望と絶望を、今度は映画館の大スクリーンでお見せします。ネタバレ厳禁、観た人だけ知るびっくり箱感が『まどか☆マギカ』の、とくに[新編]のセールスポイントだと思います。それこそ批判もあるかもしれないのですが、ぜひ、観た人同士で意見をかわして、秘密を共有してほしいと思います」。

 暁美ほむら役の斎藤千和も「普段アニメをあまりご覧にならない人にこそおすすめしたい作品です。食べてみたら本当においしくて、いままで自分が食べたものの中で一番好きなものになるかもしれないですよ。食わず嫌いが一番、もったいない。声の出演をしている私がいうのも何ですが、これだけ話題になるのには、理由があると思うんです。ぜひ、ご自身の目でその理由を確かめていただけたらと思います」と話している。



http://www.oricon.co.jp/news/movie/2030906/full/



魔法少女まどか☆マギカ Blu-ray Disc BOX(完全生産限定版)
魔法少女まどか☆マギカ Blu-ray Disc BOX(完全生産限定版)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
新作映画も大ヒット!『まどか☆マギカ』現象を総括 JAMぐる/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる